光熱費がヤバい(上期決算)

昨年の記事で円安からの輸入物価上昇からのインフレが怖いと書いていたところですが

wellbalancedlife.hatenablog.com

 

まさにインフレ真っ盛りの今日この頃です。

 

我が家の上期決算を眺めてみると、光熱費がヤバいことに。

上期だけで25万を超えました。

この数字がどのくらいすごいかと言うと昨年比+20%です。2割増しですよ。ついこの前までデフレデフレ言ってた時代に2割増しです。あり得ない。

 

で、何が上がったのか費目毎に見ていきます。

まずは水道。これは概ね横ばい。円安関係ないですしね。

 

次に電気代。昨年比+37%。爆上げです。過去5年平均と比べても+26%です。ここには6月の猛暑分は含まれてません。下期が恐ろしい。

 

ガス。順調に上がってます。

 

ガソリンはレジャーの頻度にも依るところが大きい費目ですが、今年はそんなに出掛けてないのに酷い。

 

で、光熱費合計。このまま行くと昨年から10万近く増えるかもしれない。

 

いやほんと、追い打ちかけるような猛暑かんべんしてほしい。んー、今さらだけど原油ETF買っておくべきか・・・・

 

大学受験年度すべての費用を公開します

今年は娘が大学受験だったのですが、何とか希望する大学に進学することができ、朝早く出かけては夜遅くに帰宅し、休みの日はバイトやサークルで忙しい毎日を送っています。

    

という事で、受験年度にかかる費用が確定したのですべて公開します。これから受験を迎えるご家庭の参考になれば。

自宅通いで200万オーバーです。ひとり暮らしする場合は家賃や仕送りなどで更に100万から200万は必要になるでしょうか。教育費は計画的に貯めておくことを強くお勧めすます。

資産バブルの崩壊が始まった

久しぶりの投稿となりました。早いもので最後の投稿から1年以上が経過しています。改めて読み返してみましたが、それなりに的外れで無いことを書いていた気がします。

 

資産バブルに対する違和感とか。

wellbalancedlife.hatenablog.com

 

資産バブルの象徴、ビットコインは円ベースで▲45%、ドルベースでは▲60%となりました。最高値からは70%近い下落です。それでも数年前からすれば異常な値が付いています。まだ終わっていません。

Bitcoin

一方、ルナと呼ばれる暗号資産は価値を維持することが出来ず、システムが崩壊し、価値ゼロとなりました。最盛期の時価総額は4兆円とも6兆円とも言われていたコインです。

LUNA

 

株も総崩れです。

日経平均

日経は円安に救われてる感がありますが、コロナで潤ったマザースは悲惨です。ただ、ここには将来有望な企業が潜んでいる可能性はあります。

マザース

アメリカもだいぶ下げました。でもまだ高い。で、やはり新興市場NASDAQの崩れ方が酷い。

Dow

NASDAQ

当時存在を知らなかったのですが、レバナスと呼ばれるNASDAQの3倍レバレッジETFが人気だったようです。もちろん目も当てられない惨状です。

TQQQ

積立投資をすれば大丈夫と勘違いしている方も多いようですが、レバレッジ商品は時間とともに減価する性質を持っているので長期保有すべきものではありません。

 

すべてはアメリカの金融引き締めと量的引き締め(QT)が要因です。過剰流動性を逆流させれば過剰流動性バブルは弾けるのが必然です。金利上昇の速さが市場参加者の恐怖心を物語っています。

 

米国10年債利回り

米国2年債利回り

 

2008年のリーマンショック依頼続いてきたユーフォリアから目を覚ます時が来ました。

まだQTは始まってもいません。